原因は何?クラシアンの排水管修理

排水管等のパイプはなぜ詰まるのでしょうか。例えばキッチンの排水管の場合、調理で油を使用し、キレイにふき取った状態にせずそのまま洗う事で油が水と共にパイプへ流れ、やがてその他の汚れやぬめりと一緒に排水管に付着するといったことから詰まりが起こります。

洗い物をする際には洗剤を利用してフライパンやお鍋などを洗いますが、この洗剤と油や水が反応すると固形化してしまうのです。パイプ内部でこうした固形化が起こると、管の中は固形化したものが少しずつ付着していき、やがてパイプを詰まらせます。

固形化したものが少しずつ付着するので、いきなり詰まるということはあまりなく、なんだか流れが悪いような気がする、流れが悪くなっている、少ししか流れない、という感じで段階を追って悪くなっていくことがほとんどです。

浴室の排水管の場合、石鹸カスや毛髪が詰まったり絡まったりして原因となる事が多いのですが、中にはシャンプーの蓋、詰め替え用の容器の一部などが排水管内に落ちて、それが原因で詰まるという事もあります。クラシアンに排水管の詰まりなどで相談する、また来てもらう事の多くは、こうした汚れや年数によって蓄積されたぬめり等によるトラブルとなっています。

クラシアンは浴室でも台所でもトイレでも、水回りについては専門的知識を持っていますので、どのような状態になっているか内部の状況を確認し、対応してくれます。

クラシアンではこうしたトラブルについて、通常の清掃、パイプの故障部分の改修のほか、高圧洗浄によってパイプ内を徹底的に洗浄するという事も行っています。クラシアンのこうした高圧洗浄機によるメンテナンスを定期的に受けていれば、大きなトラブルになる事もありません。完全に詰まって利用できなくなる前に、クラシアンに相談をして、どのような措置が必要か点検してもらうといいでしょう。点検費用、見積りのみという事なら出張費も取られませんし、無料で対応してくれます。